無料ブログはココログ

« 今月のガス代!請求書来襲の巻 | トップページ | 来月も赤字。 »

2011年1月22日 (土)

内廊下設計のマンションについて

こんばんは!!エセレブ独身男子でございます。

寒い日が続いていますが、皆さま体調を崩していらっしゃいませんか?乾燥・インフルエンザ対策をしっかりとしないといけませんね。

さて・・・。きょうはマンションの共用部分、セキュリティについて書いていきたいと思います。

いま販売されているマンションはセキュリティが強化されていて、だいたいがダブルオートロック以上のセキュリティがかかっていると思います。逆に、ファミリー向けマンションで未だにシングルオートロックのマンションも売られていますので、そのあたりはしっかりと確認が必要です。小さなデベさんが販売されているマンションだと、シングルオートロックも多いようです。

ダブルオートロックとともに注力して確認が必要なのが、共用部分の廊下が外廊下か内部廊下かです。

外廊下と内廊下はそれぞれ好みもあり、長所・短所もありますのでどちらがいいかは書きません。ただ、一つ言えることは、外廊下の場合は外部から侵入されやすくなりますので、侵入口がしっかりと防御されているかが重要です。たとえば、1階~2階部分の階段は格子で覆われている・・・とか、壁に足をかけてよじ登ることが可能かどうか・・・。もしくは見通しの悪いところに外部階段が設置されていないか・・・などです。

セキュリティを売りにしている物件でも、外部廊下で上記のような対応が十分されていない物件が散見されています。

内部廊下の場合、外部からの侵入口がなくなる代わりに、非常時に避難経路がふさがってしまうので、そのあたりも注意が必要です。また、内部廊下のクロスやカーペットが傷んだ場合、何年周期で修繕が行われるのかも購入前に確認できれば確認されたほうがよいかと思います。内廊下のクロスなんて各世帯の引っ越しでかなり傷みますので、何十年後かには古びた印象になってしまいますよね。共用廊下が傷むと、そのマンション全体の価値が下落する一因となってしまいます。

と、ここまで書いてきてきましたが、エセレブのマンションはセキュリティ重視型のマンションのためか、内廊下設計です。今のところ懸念していたたばこ臭やペット臭はまったく感じません。内廊下はこの寒い冬でも暖かく、玄関開けて寒い思いをしなくていいのでとても楽です。唯一の欠点は雨ですね。メインエントランスまで行ってから、傘を取りに戻ったことが何回あるかわかりません。

小さいデベさんが手がけたマンションの場合は、ごくまれに内廊下がタイル張りの場合もあります。タイルは足音が響きますので、合わせてご注意を。部屋にいても廊下の足音が気になるくらい響くと思います。(音の逃げ場がないため)音の対策としてサイレントカーペットが張ってあると理想的だと思います。

では今回はこの辺で。
今日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。暖かくしてお休みください。

« 今月のガス代!請求書来襲の巻 | トップページ | 来月も赤字。 »

都内の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503054/39798077

この記事へのトラックバック一覧です: 内廊下設計のマンションについて:

« 今月のガス代!請求書来襲の巻 | トップページ | 来月も赤字。 »